本人確認について

当組合では、法律及び当組合規定により、ご本人様の確認につきましては、次のとおり行っておりますので、ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申しあげます。

ご本人の確認
  1. お客様が個人の場合
    当該個人の氏名、住所および生年月日 (注) なお、口座開設などで、ご本人以外の方が来店された場合には、その来店された方につきましてもご本人の確認をさせていただくこととなります。
    お客様が法人の場合
  2. お客様が法人の場合
    次のそれぞれの事項につきまして確認させていただきます。
    ①当該法人の名称および本店または主たる事務所の所在地
    ②当該法人の代表者などご来店された方の氏名、住所および生年月日
ご本人の確認が必要となる取引

次の取引時に本人確認させていただくこととなります。

  1. 口座開設、貸金庫、保護預りなどの取引を開始されるとき
  2. 200 万円以上の大口の現金取引をされるとき(入金、出金、振込、両替など)
  3. 10 万円を超える現金による振込み・料金支払・自己宛小切手の振出をされるとき (平成19年1月4日より)

(注) 預金口座を通じて10万円を超える振込みを行う場合には、ATM・窓口のいずれにおいてもこれまでと同様の方法でお振込みできます。 ただし、口座開設の際に本人確認手続きが済んでいない場合には、本人確認書類の提示が必要となり、ATM ではお振込みができないことがあります。 これらの取引以外にもご本人の確認をすることがありますので、ご協力ください。

ご本人および法人の代表者などご来店された方の確認方法ならびに提示していただく書類

【個人の場合】
(本人確認書類は、氏名、住所および生年月日が記載されているものに限ります)

  1. 次の本人確認書類の場合には、窓口で原本を提示していただき、その写しをいただくことによって直接ご本人の本人確認を行います。
    ①運転免許証 ②旅券(パスポート) ③各種年金手帳 ④各種福祉手帳 ⑤各種健康保険証 ⑥外国人登録証明書
  2. 次の本人確認書類の場合には、窓口で原本を提示していただき、その写しをいただくとともに、当該取引に係る書類などをお客様に郵送し、到着したことを確認すること等によってご本人の本人確認を行います。
    ①住民票の写 ②住民票の記載事項証明書 ③印鑑登録証明書 ④戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの) ⑤外国人登録原票の写 ⑥外国人登録原票の記載事項証明書など

(注) 1. 初めてお取引をするお客様につきましては、200 万円以上大口の現金取引などを行う際は、運転免許証など、窓口で直接ご本人の確認がとれる本人確認書類を提示してください。 (注)2. 本人確認にあたって郵送による到着確認がとれない場合には、お取引を停止することもあります。

【法人の場合】

  1. ① 登記事項証明書 ② 印鑑登録証明書など

当組合規定により、200万円を含む取引が本人確認対象取引となっているため、上記金額表現が200万円以上となっております。何卒ご了承ください。